環境芳香 事例 近鉄 あべのハルカス さま

3階プレミアムレディスラウンジ

2013年6月13日にオープンした「あべのハルカス近鉄本店」の環境芳香を、生活の木がプロデュースしました。近鉄百貨店 販売推進部部長 兼 総合企画本部経営企画部長 村山嘉健様に、あべのハルカスのコンセプト、生活の木に求める環境芳香についてお伺いしました。

インタビュー

あべのハルカス近鉄本店
AROMA CONCIERGE 生活の木
村山 嘉健さん
プロフィール 近鉄百貨店 販売推進部部長。1988年近鉄百貨店入社。婦人服、新本店準備本部などを経て、あべのハルカスの建設計画から携わり、五感に訴える売り場の環境作りを実現。好きな香りは柑橘系。最近は、生活の木ブレンドエッセンシャルオイル「アロマブレイク」がお気に入り。

あべのハルカス近鉄本店は、モノ・コト・ヒトとの出会いが暮らしを彩る「街のような場」をストアコンセプトに、「百貨店」×「専門店」×「コミュニティ」を融合させた新しい商業施設として生まれ変わります。
まるで街を散策しているような楽しさと心地よさを全館に散りばめ、「日本一長い滞在時間を目指した空間づくり」の実現を目指します。

その目標に向けて、お客様のおもてなしを考えるにあたり、我々は、「お客さまの五感にうったえる」をキーワードに設定しました。デジタルサイネージ等による「視覚」や、こだわりのBGMでの「聴覚」にうったえるおもてなしに加え、『嗅覚』に働きかけるおもてなしとして「香り」を取り入れることにいたしました。

タワー館オープン後には「AROMA CONCIERGE 生活の木」として装いも新たにご出店される生活の木に全面的に協力いただくことにより、100%天然のエッセンシャルオイルを生活の木ならではブレンドで四季の移ろいを感じることのできる「香り」で環境芳香プロデュースをしていただけたらと思っています。アロマディフューザーは、主要な出入口とトイレ、上顧客様のサロンスペースに設置しております。主要な出入口では、お客さまが入店した際に、気持ちの高揚を促しポジティブにする香り、又は、すっきりリフレッシュする香りで日常から非日常に入ったことを感じていただけると思います。また、サロンスペースやトイレでは、疲れた気持ちを穏やかにする香り、ゆったりリラックスする香りでさらなるくつろぎをご提供できるものと考えております。

設置場所

ウエルカムアロマ:タワー館1階正面口、2階歩道橋口
リラックスアロマ:タワー館3階プレミアムレディスラウンジ、5階女性用トイレ、6階男性用トイレ、11階プラチナサロン、14階レストスペース

タワー館 1階 正面口

11階 プラチナサロン

5階 女性用トイレ

資料請求・お問い合わせ