ROPÉ PICNIC × 生活の木 = スペシャル・アイテム

生活の木が異業種の企業とタッグを組んだROPÉ PICNICとのコラボレーション企画『アロマの香りとともにある暮らし』。期間中(2012年4月25日~5月20 日)は、さまざまな方面から反響をいただきましたが、今回はその企画の仕掛け人、ROPÉ PICNIC/ViS 事業部の小畠さんにお話をうかがいました。

「自然」「健康」「楽しさ」という企業理念に親和性を感じ、コラボをお願いしました。 ROPÉ PICNIC 小畠 瑠見子 さん

新しい価値観を発信する企業コラボ

私どもJUNグループは、常にファッションを文化のひとつとしてとらえ、生活のあらゆるシーンに独自のスタイルを提案している会社です。その一翼を担うロペピクニックでも、生活が楽しくなるような新しい価値観の発信をしていこうと、2006年から年に1、2回、異業種の企業とコラボレーションを行い、コラボだからできるスペシャル・アイテムを生み出してきました。商品の付加価値だけでなく、企業同士の相乗効果も生まれ、いまや異業種コラボはロペピクニックの定番となっています。
実は、こうした企画は、たわいもない会話の中から生まれることが多いのですが、今回の企画も「服に香りがついていたらいいよね」という、企画とプレスの何気ないひと言がはじまりです。実現にあたり、いろいろな企業を探しているときに、御社の企業理念である「自然」「健康」「楽しさ」という部分が、非常に弊社のものと重なるものがあって、ロペピクニックのお客様とも強い親和性を感じ、コラボレーションをお願いいたしました。

画期的だった「香りつきの服」

商品化にあたっては、香りをどのようにしてカプセル化するかなど、技術的にもいろいろ大変だったようですが、苦労のかいあって画期的なものができあがりました。「こすると香りがする」香りつき洋服という、今までにはない商品への反応はすごかったですね。また、ブランドイメージに合わせて調合していただいたオリジナルの香り「picnic sun」がとても好評で、すぐに売り切れてしまったのはうれしい誤算でした。
期間中は、たまたまゴールデンウィークが重なり、母の日が近かったこともあって、若い親子連れのお客様がいつもより多く来店してくださいましたし、お母様へのプレゼント需要も多く、おかげさまで、また新しいロペピクニックのファンを獲得することができ、大成功のうちに企画を終えることができました。

ROPÉ PICNIC
ROPÉ PICNIC
1958年創業の「JUN」グループのブランドとして2000年に誕生。Life is a picnic.をテーマに、20~30代の女性に向けたオリジナル商品を発信している。
香りのカプセルを生地に織り込んだプルオーバーやキャミソールは、生活の木とROPÉ PICNICのダブルネームのパッケージ入り。

生活の木とROPÉ PICNICのコラボレーションでうまれたオリジナルの香りは、オレンジ・スイートとベルガモット、レモン・マートルをブレンドした香り。おひさまをイメージした爽やかなみずみずしい香りが大人気に。さらに、生活の木で人気のHarmony、Refresh、Relax、Sweetのロペピクニック・オリジナルパッケージも登場。

ハーブペタルポーションローズセット 

コラボ商品として、持ち運び便利なローズのポーションが登場。1回使い切りタイプで、水やミルクで希釈して飲むハーブドリンク。ピンクリボンキャンペーンのための限定セット(6個入り) です。

社会的キャンペーンへの協賛も

2012年の秋冬はピンクリボンキャンペーンをはじめ、ドクターコパさんの監修によるラッキーカラーのニット、キャラクターとのコラボなど、さまざまな展開を考えています。とくに、ピンクリボンキャンペーンでは、上代の3%をNPO法人J. POSH(日本乳がんピンクリボン運動)に寄付するだけでなく、アーティストの方とのコラボも企画していますので、楽しみにしていただければと思います。

TEXT by Ishimori Yasuko/PHOTOGRAPHS by 目黒-MEGURO.8

資料請求・お問い合わせ

ホールセールクラブについてのお問い合わせ